正絹≪西陣 夏物 最大70%オフ! 絽つづれ袋帯 超美品の 花菱#31392;文 ≫

正絹≪西陣 夏物 絽つづれ袋帯「花菱#31392;文」≫

正絹≪西陣 夏物 絽つづれ袋帯 超美品の 花菱#31392;文 ≫ 絽つづれ袋帯「花菱#31392;文」≫,gnrm.teknokrat.ac.id,正絹≪西陣,/eisteddfod1821900.html,27720円,レディースファッション , 和服 , 帯,夏物 正絹≪西陣 夏物 絽つづれ袋帯 超美品の 花菱#31392;文 ≫ 27720円 正絹≪西陣 夏物 絽つづれ袋帯「花菱#31392;文」≫ レディースファッション 和服 帯 27720円 正絹≪西陣 夏物 絽つづれ袋帯「花菱#31392;文」≫ レディースファッション 和服 帯 絽つづれ袋帯「花菱#31392;文」≫,gnrm.teknokrat.ac.id,正絹≪西陣,/eisteddfod1821900.html,27720円,レディースファッション , 和服 , 帯,夏物

27720円

正絹≪西陣 夏物 絽つづれ袋帯「花菱#31392;文」≫












 商品仕様

【六通柄 素材:絹75%キュプラ・紙・ポリエステル25%・未仕立て・幅約31cm×長さ約440cm】
※ この商品は別途お仕立が必要です。

■ 京都 西陣の老舗機屋、姫野織物謹製の、絽つづれ織の夏物袋帯です。

 ご着用時期

6月中旬以降~9月上旬ころ。盛夏用の帯です。

 お合わせ

フォーマルよりの帯です。
結婚式やパーティなどにいかがでしょうか。
お茶会や観劇などにも素敵です。
お合わせは、訪問着や振袖、付け下げ、色無地などに。
また、飛び柄や江戸小紋、金彩などの格の高めの小紋などにもお合わせ頂けます。

 商品概要

目にも涼しげな淡いブルーグレーの帯地に、涼感のあるパステルな色あいの絹糸や金糸を用いて、代表的な有職模様である「花菱」文様や「#31392;文」が、唐織の技法で豪華に織りなされています。

唐織とは、西陣の織の技術の一つで模様の部分を刺繍のように縫い取りで織なしたものです。 絹の持つ輝きが美しく感じられる、豪華な織り方です。

帯地部分は、透け感が感じられる絽つづれ織になっていてとても涼感があります。優雅な雰囲気の模様も織り込まれています。

花菱模様は、唐花模様を菱型に配した優しい模様のことです。また、#31392;文(かもん)かもんは、瓜を輪切りにした形を意匠化したもので、どちらも代表的な有職文様です。

有職模様とは、平安時代の公家の服装などに用いられた独自の優美な様式を持つ文様の総称で、正倉院文様などが、日本の風土に合うように和様化したものです。格調があり、飽きのこない典雅な雰囲気が好まれ、古くから礼装などに多く用いられてきた紋様です。

商品には、西陣織工業組合が発行する証紙もしっかりと添付されていて、“姫野織物”の帯であること示す証紙番号「555」番が印刻されています。

風格の感じられる見事な一本です。
また、軽く清涼感のある配色でまとめられていて、とてもすっきりと落ち着いた印象です。

優雅で飽きのこない上品な雰囲気でまとめられた夏用の袋帯は、パーティやお茶会はもちろんのこと、結婚式などの祝いの席にもぴったりです。

この機会にぜひご検討くださいませ。


※ 商品の写真は、可能な限り現物に近いお色での掲載をしておりますが、ご覧のモニターにより、多少の違いがあることがあります。 あらかじめご了承下さい。

※ この商品は別途お仕立が必要です。

正絹≪西陣 夏物 絽つづれ袋帯「花菱#31392;文」≫

ロイヤル オーク 時を刻んだ50年、21_21 DESIGN SIGHTで開催

東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3では、スイスの高級時計ブランド オーデマ ピゲのスペシャルエキシビション『ロイヤル オーク 時を刻んだ50年』が2022年4月15日(金)から6月5日(日) […]

吉阪隆正展、東京都現代美術館で開催

東京・木場公園内の東京都現代美術館では、戦後復興期から1980年まで活躍した建築家 吉阪隆正氏 (1917-1980)の展覧会『吉阪隆正展 ひげから地球へ、パノラみる』が2022年3月19日(土)から6月19日(日)まで […]

「住まい」の構想、国立近現代建築資料館で開催

東京・湯島の文化庁 国立近現代建築資料館では、令和3年度収蔵品展 『「住まい」の構想 収蔵資料が物語る名作住宅 (1940ー1975)』が2021年12月14日(火)から2022年3月13日(日)まで開催しているのでメモ […]

安藤忠雄氏設計「ヴァレーギャラリー」、直島に2022年3月開館

ベネッセホールディングスはベネッセハウス(香川県香川郡直島町)の開館30周年となる2022年、新たに 2つのアート施設「ヴァレーギャラリー」「杉本博司ギャラリー 時の回廊」を開館すると発表したのでメモしておきます。(プレ […]

大林コレクション展「安藤忠雄 描く」、WHAT MUSEUMで開催

寺田倉庫が運営する現代アートのコレクターズミュージアム「WHAT MUSEUM (ワット ミュージアム)」は、2021年9月25日(土)から2022年2月13日(日)まで、『大林コレクション展「安藤忠雄 描く」』を開催す […]

KAWS TOKYO FIRST、森アーツセンターギャラリーで開催

東京・六本木ヒルズ森タワー52階の森アーツセンターギャラリーでは、2021年7月16日(金)から10月11日(月)まで、ニューヨーク・ブルックリンを拠点とする稀代のアーティスト、KAWS (カウズ)の大型展覧会『KAWS […]

ANDO’S HANDS Tadao Ando Works 1976-2020

銀座 蔦屋書店は、2021年3⽉18⽇(木)に刊行される、超大型限定写真集『ANDO’S HANDS Tadao Ando Works 1976-2020』を店頭・オンラインストアにて販売するのでメモしておき […]