OP052067NR ‡‡‡βオーデリック ODELIC 100%品質 和照明 高演色LED いいスタイル ~6畳 昼白色 非調光 LEDランプ

★★OP052067NR ‡‡‡βオーデリック/ODELIC【OP052067NR】和照明 高演色LED 昼白色 非調光 LEDランプ ~6畳

OP052067NR ‡‡‡βオーデリック ODELIC 100%品質 和照明 高演色LED ~6畳 昼白色 非調光 LEDランプ 25012円 ★★OP052067NR ‡‡‡βオーデリック/ODELIC【OP052067NR】和照明 高演色LED 昼白色 非調光 LEDランプ ~6畳 インテリア・寝具・収納 ライト・照明器具 天井照明 ペンダントライト・吊下げ灯 /craftiness367069.html,非調光,高演色LED,★★OP052067NR,~6畳,gnrm.teknokrat.ac.id,インテリア・寝具・収納 , ライト・照明器具 , 天井照明 , ペンダントライト・吊下げ灯,LEDランプ,昼白色,‡‡‡βオーデリック/ODELIC【OP052067NR】和照明,25012円 OP052067NR ‡‡‡βオーデリック ODELIC 100%品質 和照明 高演色LED ~6畳 昼白色 非調光 LEDランプ 25012円 ★★OP052067NR ‡‡‡βオーデリック/ODELIC【OP052067NR】和照明 高演色LED 昼白色 非調光 LEDランプ ~6畳 インテリア・寝具・収納 ライト・照明器具 天井照明 ペンダントライト・吊下げ灯 /craftiness367069.html,非調光,高演色LED,★★OP052067NR,~6畳,gnrm.teknokrat.ac.id,インテリア・寝具・収納 , ライト・照明器具 , 天井照明 , ペンダントライト・吊下げ灯,LEDランプ,昼白色,‡‡‡βオーデリック/ODELIC【OP052067NR】和照明,25012円

25012円

★★OP052067NR ‡‡‡βオーデリック/ODELIC【OP052067NR】和照明 高演色LED 昼白色 非調光 LEDランプ ~6畳






※規定外商品:別途送料かかります。詳細はお問い合わせください。
※追加送料は別途当店からのメールで訂正されます。

商品によって取付工事が必要なものもございます。商品の仕様や取付方法等につきましては、必ずご注文前にメーカーにご確認をお願い致します。

| 照明器具 | 和照明 |


★★OP052067NR ‡‡‡βオーデリック/ODELIC【OP052067NR】和照明 高演色LED 昼白色 非調光 LEDランプ ~6畳











薔薇模様の和三盆



雪のようほろほろ溶ける和三盆

瀬戸内の温暖で少雨という気候は、讃岐の地に自然の恵みを3つ生み出した。
それが「讃岐三白(さんぱく)」と呼ばれる「砂糖」と「塩」と「綿」である。

砂糖といっても超高級な「和三盆糖」である。東かがわ市で江戸の昔から伝統的に生産されている。
原材料はサトウキビの中でも「ほそきび」と呼ばれる特別な品種である。

高松五代藩主松平頼恭(よりたか)公が讃岐の風土に適するとして、平賀源内にサトウキビの栽培を命じ、試作させたことが始まりと言われている。
砂糖の精製法は、その後、藩医の池田玄丈、その弟子の向山周慶(さきやましゅうけい)を経て、1790(寛政2)年に完成させた。向山周慶は東かがわ市湊の生まれで「讃岐糖業の父」と称されている。

原料のサトウキビを搾り、その汁を煮詰めると、あめ色をした白下糖(しろしたとう)ができる。
それを綿布製の袋に入れ、押し船(木製の圧搾機)にかけては盆の上で手もみをして三度研ぐ。
そこから「三盆糖」と名付けられた。
その和三盆糖を固めた干菓子が「和三盆」なのである。優しい甘さと上品な味わいで、口に含むとさらりと雪のように溶けていく。和三盆糖ならではの特徴である。

和三盆糖にネキ水(水と水あめを1:1で混ぜ合わせたもの)を少し入れ、ぎゅっと握ったら固まり、もう一度押すと崩れる位に混ぜる。和三盆100gにネキ水小さじ2程度、ネキ水の入れ過ぎは厳禁。
菓子木型(下板と上板でできている)に砂糖を指で押さえながら詰め、はみ出した部分をへら等を使いそぎ落とす。上板を外し、下板をトントンとたたいて抜けば完成。



菓子木型は、主に樹齢百年級の湿気に強い桜の木。高松市在住の伝統工芸士「現代の名工」市原吉博氏の作。木型職人今では全国で数人である。
スポンサーサイト



[ 2022/05/15 07:38 ] お菓子 | TB(0) | CM(0)

咲き誇るイングリッシュローズ

まばゆい五月、“花の女王” 薔薇(バラ)のシーズンがやってきた。
五月のバラは一年で最もバラが美しい。

“花は愛され 花になる 人も愛され 人になる”

オールドローズ系の一季咲きの優しい花形や香りとモダンローズの四季咲き性を併せ持った魅力ある「イングリッシュローズ」。毎年見せてもらっている高松市内にあるガーデンを今年も訪問した。

オープンガーデンであるが、コロナ禍で従前よりは訪問客は減少しているようだ。
無農薬で育てるには何倍もの労力がいる。

“花にもいろいろある 好きな花もあるが 薔薇の気高さには比べられない”

その一言に重みがある。

外壁は濃いピンクに塗り替えられている。綺麗に再整備された庭に一歩入ると、赤、ピンク、黄、白など色とりどりのローズが甘い香りを漂わせている。

“君のため黄色い薔薇の精となる” 私は黄色いバラが好きだ。
バラにもはや言葉はいらない。
















[ 2022/05/13 09:40 ] 草木 | TB(0) | CM(0)

「ウィズコロナ」時代への歩みを着実に

コロナ感染が高止まりしている中で行動制限なしのGWが終わった。
新型コロナウイルスの緊急事態宣言など行動制限が全国的にかからないのは3年ぶり。
帰省客や人気スポットにはコロナ前並みの観光客で賑わった。

この土日は、全国で新たにおよそ4万人以上が感染した。
東京都内では1週間前の日曜日よりおよそ1500人増え、およそ1か月ぶりに2日連続で前の週の同じ曜日を上回った。
東京周辺、大阪周辺など大都会も急増し始めている。沖縄でも過去最多を更新。
地元香川でも7日に再び400人を超え、8日は510人と過去最多となった。

新型コロナウイルスは軽症か無症状が多く、行動制限解除はやむを得ないともいえようが「緩みすぎ」という印象はぬぐえない。
連休後には再度拡大するだろうと見る人は多い。
韓国、EU、米国など世界の例を見ることなく、制限を緩めると必ず再拡大をするのである。
第7波、8波と懸念も拭えないが、新型コロナウイルスとの「共生」は図らねばならない。

集団免疫の上で欧米レベルに程遠い日本である。そのためには医療逼迫を招かないよう医療提供体制や保健所の機能強化、ワクチン接種や治療薬の生産・確保の体制などを常に見直しながら「ウィズコロナ」時代に向け、着実に進めていくことが何より重要だ。
[ 2022/05/09 06:28 ] コラム | TB(0) | CM(0)

立夏(りっか)&端午(たんご)&こどもの日



みどりの日風もみどりでありにけり (小林草吾)
朝月のうすれ~し立夏かな(久保田万太郎)


「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」

昨日は「みどりの日」だった。
今日は「立夏」暦の上で夏が始まる日。新緑の季節の本格的なスタートです。
本格的な夏の始まりはまだすこし先。日差しが強く気温が高くなる日もあるが、基本的には過ごしやすい気温と低い湿度で、爽やかな日が続く。
立夏から立秋(8月7日)の前日までが「夏」。旧暦の夏は太陽暦で5月(初夏)、6月(仲夏)、7月(晩夏)に当たる。




田に水のゆきわたりたる端午かな(片山由美子)
大空の波にのりけり鯉幟(樋口明子)
まつすぐに人見る男児五月雛 (中村草田男)


今日は五節句の一つである「端午の節句」。鯉幟を立て、五月人形を飾り、菖蒲湯に入り、粽や柏餅を食べる男の子のお祝いの日である。
鯉幟を立て、五月人形を飾る家はどのくらいあるのだろう。この田舎でも鯉のぼりはすっかり影を潜めた。代わりに出現したのが家庭の鯉のぼりを集めた川渡し、四国でも四万十川、吉野川、肱川、土器川などで見られる。時代ですかね。雛人形もしかり。
五月人形も飾っているのは、男の子が生まれた初節句のご家庭位でしょうか? 
柏餅や粽に新茶、そして菖蒲湯に入る・・・もはや過去の話か!
コロナ禍とはいえ行動制限なし。飾り、祝うより旅行優先なのでしょうね。

したたかに濡るる一樹やこどもの日(川村五子)

また、今日は「こどもの日」。
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日です。
3日後に「母の日」があるのに、何で“母”だけ?何で両親じゃないの?
子供は親に“ありがとう”とゆうだろうか。主旨を親も子も知らない
[ 2022/05/05 07:36 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)

八十八夜

 四国新聞より

♪夏も近づく八十八夜野にも山にも若葉が茂るあれに見えるは茶摘ぢやないか・・・

今日は立春の日から「八十八日目」、春から夏に移る節目の日「八十八夜」である。
「二十四節気」を補完する「雑節」の一つです。

「八十八夜」と言えば新茶(一番茶)、「緑茶の日」でもある。
この日に新茶をいただくと、縁起が良い、幸運を呼ぶ、長生きすると言われている。

伝統的な手摘み・手もみを守って作られる新茶、でも最近はペットボトルの普及で苦戦している。
生産者の高齢化や後継者難から茶畑の耕作面積や製茶工場は減少の一途をたどっている。



二滴一滴そして一滴新茶かな (鷹羽狩行)

急須でいれる新茶の風味は格別。初夏の楽しみでもある。
でも最近は急須がない家庭、急須って何?という人も増えている。

入れ方を 問うて新茶で ありしこと(稲畑汀子)

急須がないなら、「水出し」だ。新茶特有の甘みや旨みを堪能できるのはむしろ水出し。
水1ℓ(できれば氷水)に対して10g程度の茶葉をポットやボトルに入れ、軽く揺すって、冷蔵庫に入れ、3時間〜6時間程度抽出する。試してみませんか!
[ 2022/05/02 05:41 ] 季語・歳時記 | TB(0) | CM(0)